1. HOME
  2. よくある質問

よくある質問

最初に知りたいこと

一般的には、半返しというように、香典の半分をお返しする方が多いです。ただし、お香典のお返しには、相互扶助という意味と地域の慣習がございますので、あくまでも目安となります。

不祝儀のお返しなので使い切って後に残らない物がいいとされます。石鹸・洗剤・お茶や消耗品のタオルなどもいいでしょう。また、近年は先方がお好きな品を選べるカタログギフトが一番人気です。

七七日忌(四十九日)後に、『無事忌明けが済みました』という挨拶状を添えてお品物をお渡しするのが一般的です。

香典返しを配送にてお届けする場合にお品物にお礼の言葉(挨拶状)を添えてお送りします。

金額のこと

ご葬儀後、お香典帳などを整理して、金額別にお品物をお選びすほうが見やすく早くなります。先方一人一人に商品を選ぶことは大変な作業です。

10,000円を超える商品は選ぶのが難しくなります。ふさわしいお品が見つからない場合は、ギフトカタログにされる方が多いです。

連名でも、お一人あたりが、ご葬儀の際の会葬品・香典返し品より多い場合は、四十九日の香典返しのリストに納まります。

葬儀当日の会葬御礼だけでよいでしょう。但し連名でひとりに換算すると千円程度の場合は、皆様で食べられるお菓子等をお渡しするのがよいでしょう。

香典返しは、遺族が行なうものなので、たとえ社葬であっても経費扱いにはなりません。

相手のこと

忌明けの挨拶状を添えて返礼の品をお渡しする方が無難です。故人の供養にもなりますとお伝えすれば、お納めいただけると思います。

いろいろな事情から香典返しをしなくても失礼ということはありません。例えば故人の遺志で寄付をなさる場合もございます。

親戚であっても、お品物とご挨拶状をお贈りしましょう。

香典返しは、いただいた香典に対するお礼ですので独身かどうかは関係ありません。

挨拶状のこと

定型文挨拶状や宗教別・名前入り挨拶状などがあります。一般的な文面でどの宗教にも使える定型文挨拶状と故人名や差出人様が入り、宗教別に分かれている挨拶状もあります。

香典返しは、香典返しのお品物に、無事に忌明けを済ませましたという挨拶状を添えて、お渡し・お送りします。

葬儀の際に、お香典返しを済ませてしまったが、忌明けを無事済ませた旨を知らせたい場合など、お手紙をさしあげることは差支えありません。

現状では、宗教を問わず幅広く汎用的に使えるといった理由から、定型文挨拶状の利用が増えています。一方で宗教別・名前入り挨拶状の場合には、宗教に応じた内容にしたり、故人名や差出人様のご住所やお名前を入れることができますので、商品をお受け取りになった方にとって丁寧で分かりやすいといったメリットもございます。

通常、四十九日などの法要を行った年月とされています。まれに、法要から時間が空いたなどの理由で、商品の発送の年月にする場合もございます。

のしのこと

一般的に仏事用の熨斗(のし)は一度結ぶと引っ張ってもほどけないことから二度繰り返してほしくない場合に使われる「結び切り」を使います。

一般的には「 志 ・ 喪家の姓 」を書きます。関西地方では「 満中陰志 」が多く用いられます。

通常「内のし」にてご対応させていただいております。外のしも選択できますので、のし選択時にご指定ください。

可能です。ご注文時に指定してください。

通常は、喪主または施主の姓を記載するのが一般的です。ご実家の慣習など状況に応じて、喪家の姓に「家」を付けて記載したり、喪主と施主の姓の連名のケースもございます。

注文のこと

はい。1商品につき各1枚(1部)まで無料でお付けいたします。

ご注文を受けてから、ご入金確認後、カタログギフトは10日以内の発送となります。営業日は祝日を除く月曜日から金曜日までをカウントいたします。お届けは、発送日の翌日もしくは翌々日が目安となります。
お急ぎの場合は、納期の短縮が可能な場合もございますので、ご連絡ください。

 

ご住所と氏名があれば可能です(ご不在などが続きお会いできない場合などは、電話番号の記載がある方がスムーズにお届けができます)。

入りません。ご注文者かご指定のお名前と住所を記載します。

Amazon Pay・クレジットカード・郵便振替・銀行振込がご利用いただけます。

不良品以外の返品はお受けできません。不良品の場合、返送料金は当社負担にて良品と交換致します。

はい。わかりません。各カタログなどに金額は一切表示致しておりません。先様に価格はわからなくなっております。

その他の質問

仏式の葬儀の場合は「七七日忌」「百ケ日」などが目安となります。神式では五十日祭、キリスト教では、一ヵ月後の昇天記念日、五十日祭以降にされる慣習があります。お寺や教会などに、慣習をご相談ください。

当日返しについては、事前に用意をするのは時間的に無理ですので、葬儀社に依頼します。忌明け返しは、香典帳の整理をしながら自分で手配します。

葬儀の際に頂いた返礼の品を返礼品と言います。この時、「即返し」として、香典返しの品とすることもございます。

香典返しは、そもそもお礼なのでそれに対してお礼の電話は必要はありませんが、お元気になさっているか気にかかるようでしたら、ご連絡をするのもよろしいかと思います。

生花に関わらずお供物、弔電をいただいたかたにも相応の返礼をしている方と、高額な生花に対してお返しを増やすかたなどございます。

忌明けの挨拶状を添えて相応の返礼をするほうがよろしいかと思いますが、ご慣例で送らない場合でも、忌明けが済んだ旨などのお礼状を手紙としてお送りするのもよいでしょう。

法事には来られずにお花やお供えなどをいただいた場合はお礼状を添えてお返しを送ることがよろしいでしょう。ご関係によっては、お手紙をお送りする事もよいでしょう。

ご自分の勤めている会社からの香典に対しては、会社の慣習にしたがうのが良いでしょう。代表者様にお送りするか、各セクションにお送りするかなど、あらかじめご確認できるかと思います。

香典を頂いたら返礼をするのがよろしいと思います。お香典から、どちらから、どなたから頂いているか確認をして返礼なさるのがよろしいかと思います。

基本的には、「重なる」ことを避けておひとつの商品でお送りしたほうがよろしいです。ただし、生前の「御見舞」のお返しなど、品物と熨斗を別途として、香典返しとあわせてお送りする場合もございます。

香典返しを訪問して渡そうと思っています。その場合、気を付けるべきポイントは何でしょうか?

通夜、葬儀・告別式にいただいた金品(香典)のお礼として品物などを贈るのが香典返し。地域・慣習・宗派により異なりますが、仏式においては慣例として、七七日忌(いわゆる四十九日)を過ぎた「忌明け」に故人に関する一切の仏事が滞りなく済んだという報告とお礼を兼ね、直接会って手渡しするのが正式なマナーです。
一方、最近では四十九日を待たずに、香典返しを通夜、葬儀・告別式の式場で当日に渡すいわゆる「即日返し(即返し、または当日返し)」も増えてきています。ただその場合でも、一律の金額でお返しをする関係上、高額の香典いただいた方や生前ことさらお世話になった方には、忌明け後に改めて香典返しを渡す必要があります。

 


 

香典返しを渡す際、気を付けておきたいマナーを紹介します。

香典返しの金額は、従来のしきたりでは「半返し」といって、いただいた香典の半分くらいをお返しするのが目安です。 しかし、一家の主人が亡くなった場合などは「3分の1」くらいの予算でお返しをすることも許容されています。

次に、お返しの品物選びは、香典返しはあくまで不祝儀なので、縁起を担いでお茶や紅茶、石鹸や洗剤などの後に残らない物 (消えて無くなる物)が良いとされます。また、不幸を塗りつぶすといった意味合いの漆器、人間は土に帰るという意味合いの陶器も好適といわれています。
他に、実用品としてタオルセットやハンカチなども一般的です。最近では、贈られた相手が好みの品を選べるカタログギフトもよく利用されるようになっています。

のしや包装紙

のしや包装をきちんと整えるのも忘れてはならないマナーです。東日本では、「志」と表書きして「黒白5本の結びきり」の水引を用いるのが一般的。関西では、「満中陰志」と表書きして「黄白5本の結びきり」の水引を用いるのが一般的です。表書きの下に記す名前は、喪主の姓か「○○家」とします。

お渡しする日にち

香典返しは、贈り物とはいえ不祝儀です。四十九日が年始(松の内)に当たるのであれば、その期間は避けるのが一般的。また、贈る相手に誕生日や結婚式などの祝い事があるとわかっている場合は、渡すのをいったん控えるべきです。四十九日の忌明けであれば、多少遅くなっても失礼ではありません。むしろ相手の祝賀気分に水を差すほうが非礼になります。相手の事情や気持ちを考慮し、渡す日時に気を配ることが大切です。
なお、香典返しは、本来は出向いて行って直接渡すべきものですが、遠方に住まわれているためお伺いするのが難しい、また返す件数が相当数あるなどといった場合は郵送(または宅配)しても失礼にあたりません。ただし、郵送する際には必ず「通夜や告別式に参列して香典をいただいたことに対するお礼、法要などが滞りなく済んだことの報告」を盛り込んだ挨拶状を添えるように心がけましょう。

香典返しを郵送で送りたいと思っています。その場合、注意するべきことは何でしょうか?

通夜、葬儀・告別式にいただいた金品(香典)のお礼として品物などを贈るのが香典返し。
地域・慣習・宗派により異なりますが、仏式においては慣例として、七七日忌(いわゆる四十九日)の法要が済んだ「忌明け」に弔問へのお礼の気持ちを込めて、香典返しを贈るが一般的です。一方、最近では四十九日を待たずに、香典返しを通夜、葬儀・告別式の式場で当日に渡すいわゆる「即日返し(即返し、または当日返し)」も増えてきています。ただその場合でも、一律の金額でお返しをする関係上、いただいた香典が高額だった方には忌明け後に改めて香典返しを贈る必要があります。

香典返しを郵送(宅配)する場合のマナー

忌明けの報告とお礼を兼ねて、品物と一緒に必ず挨拶状やお礼状を添えるようにしましょう。正式には奉書紙に毛筆の薄墨で書きますが、故人の氏名や戒名、喪主の氏名に加え、無事に供養が済んだこと、郵送で挨拶を簡略化にしたことへのお詫びを記載すれば、定型書式の挨拶カードなどを使用しても問題ありません。最近は、ギフトショップやネットショップでも文面や印刷の相談に応じてくれるところが多いので、そういった専門家に頼むのもひとつの方法です。また、挨拶状は香典返しの品物に添えても構いませんが、より丁寧に贈りたいのであれば、あらかじめ挨拶状を送付してから品物が届くように段取りをしましょう。ただし、「弔辞をお願いした方」や「故人が特にお世話になった方」など、挨拶に伺って直接手渡したほうが良いケースもあるので、周りの人や慣習に詳しい人に確認をとることをおすすめします。
次に、贈る日時に注意しましょう。香典返しは、贈り物とはいえ不祝儀です。四十九日が年始に当たるのであれば、年始は避けるのが一般的。また、贈る相手に誕生日や結婚式などの祝い事があるとわかっている場合は、贈るのをいったん控えるべきです。四十九日の法要明けであれば、多少遅くなっても失礼ではありません。むしろ相手の祝賀気分に水を差すほうが失礼になります。相手の事情や気持ちを考慮し、贈る日時に気を配ることが大切です。最近は配送日時を指定ができる便があるので、ぜひ有効に活用しましょう。

そもそも香典返しとは・・・

香典返しとは、故人をお送りする七七日忌(49日)を営み、無事に忌明けをむかえたご挨拶とあわせて、葬儀の際に頂戴したお香典に対しての御礼の品をお渡しすることです。
古くは江戸時代から、逝去の報が届いたときは、故人様のご霊前へ香の物(お線香等)やお供物を届ける習わしがありました。
時代が進むにつれ、お供物は多様になり、金銭を包んでご霊前へ供えることが増えてきました。
ご霊前へお供えるものは、御香典、御供花、御供物と区分けされるようになり、御香典とは、故人様の冥福を祈り、葬儀の際にご近所の方々やご親戚の方々がご霊前に供える金品のことになります。
ご葬儀を執り行うという事は、相互扶助的な意味合いが強く、お預かりしたお香典の中から葬儀費用をまかない、参列者・会葬者には頂戴したお香典への御礼として、金額の半分程度を香典返しとしてお返しするというのが慣習となってまいりました。
香典返しとは、このように葬儀の際にお世話になった方々にお伺いし御礼を述べ、感謝の気持ちを形にして、お香典のお返しの品をお渡しすることです。

現在では宅配便

「葬儀の際には、お忙しい中ご会葬いただいたうえご芳志まで賜りましたこと、たいへんありがとうございました。皆様のお蔭で無事法要を営み忌明けを迎えました。たいへんお世話になりました。」と御礼を述べ、あわせて香典返しをお手渡ししておりましたが、現在では、お香典のお返しを宅急便などでお送りするのが主流となっております。お品物とあわせて御礼の挨拶にかえる「ご挨拶状」を必ず添えてお送りすることが、先様に失礼のない、香典返しの大事なマナーとなっております。

香典返しは、忌明けの時にするお返し

香典返しは、一般的に仏式の七七日忌(しちしちにちき / 四十九日)の忌明けを迎えた後に、挨拶状を添えてお礼の品物をお贈りすることをいいます。
神式・天理教式の場合には五十日祭、キリスト教式の場合でも昇天記念日や記念式のあと、仏式と同様にお返しするのが通例となります。
無宗教式の葬儀では、忌明けの区切りなど本来ありませんが、四十九日がたった頃を節目として、お香典のお返しの品をお送りすることが多いです。 仏式の七七日忌にあたる日を目安にお届けすることでご親戚様にもご理解をいただけます。
七七日忌明け法要の際の「法要でのお持たせ」と混同させないようにいたしましょう。法要の際に、参列の方は「御仏前」をご持参してまいりますので、こちらへのお返しの品となります。
「法要でのお持たせ」は、法事でのお返しの品と同じ扱いとなります。掛け紙は、「志」「粗供養」などとして、お持ちかえり頂けるような、重たくなく手軽な品のご用意をいたします。

その他のお返しも

葬儀告別式の際に、お香典の金額に関係なく、2,000円から5,000円(地域によって異なります。)の品物でお返しすることが当日返し(即返し)です。
葬儀の会葬礼状と、こちらがお香典返しの品となります、という挨拶状をあわせて、ご会葬の方にお帰りの際お渡ししてお返しといたします。
ご会葬の方が多いご葬儀の場合には、あとからお返しの品の手配を心配することがありませんが、ご会葬の方にお渡し忘れがないようにしなければなりません。
家族葬をはじめ、ご親戚様だけ参列の葬儀告別式の場合には、通夜返礼品と会葬礼状をお渡しして、葬儀後七七日忌明けに香典返しをするほうがよいでしょう。

お香典のお返しの金額

目安は、「半返し」ですが、香典金額の半分相当の品物を返すことが多いようです。お付き合いの程度によっても変わりますが、「半返し」を目安にすれば、間違いありません。
5千円、1万円、2万円など段階を決めて香典返しの品を選び、いただいた額の「半返し」に近い物を送ります。

香典返し挨拶状

香典返しの挨拶状は、御香典、御供物などのご芳志を頂戴したことに対する御礼と、
無事に忌明けを迎えることができたご報告とを、書中にかえてご挨拶をするものです。
お香典のお返しの品をお送りする際には、挨拶状を添えることが必ず必要となります。
香典返しの挨拶状は、「七七日忌の法要を滞りなく相営み忌明けいたしました」としてお品物に添えておくります。
奉書に薄墨で書かれた(いまは印刷になります)ものが、一般的です。六つに折って七面にすることが本来の挨拶状です。
最近は、家族葬・無宗教葬も増えてきており、巻き紙では仰々しい、故人らしくないと、カードタイプの香典返し挨拶状が使われることも多くなりました。
香典返しご挨拶状は、以下文面にて、ご対応してあります。
また、お客様のご用意されたオリジナル文章でも、
香典返しのご挨拶状作成を承っております。

・仏式ご挨拶状 (ご戒名あり・ご戒名なし)
・満中陰志挨拶状(ご戒名あり・ご戒名なし)
・無宗教式ご挨拶状
・神式ご挨拶状
・天理教式ご挨拶状
・キリスト教式ご挨拶状

のしのこと

本来、熨斗(のし)とは、慶事における進物や贈答品に添える飾りのことです。
一般的に熨斗紙といわれているのは、かけ紙に伸した鮑を付けることで「御祝にふさわしい贈り物です」という意味です。いまは印刷した紙になっているので、右上に赤い印(のしあわび)がついております。
仏事の場合には上記の赤い印を付けないで品物に掛けるものなので、本来は掛け紙と呼びます。
しかし、最近では一般の通例として「のし紙」としたほうがわかりやすくなっているので、仏事でも「のし」と呼ばれたり表記されたりすることが多くなっております。

かけ紙について

東北から関東、九州にかけて、仏式では広く黒白の水引が使われます。
西日本方面から北陸・東北の一部では、黄白の水引が多く使われます。
仏事では、掛け紙の表書きの上に「志」と書くことで、この品物は仏事・弔事の品となります。
「志」としての用途は広く、七七日忌のお返し、法事でのお持たせ、初盆でのお返しなど、広く使われております。
西日本のほうでは七七日忌明けのお返しの際、掛け紙の表書きの上を「満中陰志」、京都や一部地域では「忌明志」とします。
また、ご法要、ご法事でのお持たせなどは、関東では「志」、関西では「粗供養」として、掛け紙をご用意いたいます。
神式・天理教式では、「偲草」が多く使われます。キリスト教式では、「偲草」「昇天記念」(カトリック)、「召天記念」(プロテスタント)などが使われます。
最近、無宗教式も増えてきております。掛け紙は、お送り先様がわかりやすいようにと、表書きは「志」とすることが多くなっております。

 

七七日忌(49日)法要とは

一般的な仏式の葬儀では、この七七日忌を忌明けとして近親者を招き僧侶を迎えて法要を営みます。亡くなった当日から数えて、七日ごとに初七日、二七日、三七日として七日おきに七回の法要を営み、7回目、四十九日目の法要を、七七日忌(しちしちにちき)と呼び忌明けとなります。満中陰とも呼ばれます。
七七日忌法要は、お寺さんのご都合を考慮して本来の日よりも早めの土曜日、日曜日に営まれることもございます。納骨式もこのときに行われることが多いです。

法要の種類

初七日 しょなのか ご命日から7日目
二七日 ふたなのか ご命日から14日目
三七日 みなのか ご命日から21日目
四七日 よなのか ご命日から28日目
五七日 (=三十五日)
ごしちにち / いつなのか
命日から35日目
六七日 むなのか ご命日から42日目
七七日 (=四十九日)
しちしちにち / なななのか
ご命日から49日目

地域差について

・北海道地方
ほとんどの地域が即返しで1,000円程度のお品物を会葬礼状に添えてお渡しします。近年は、高額の香典をお持ちいただいた方に香典返しをすることも増えてきております。

・東北地方
通夜返礼品を即返しとして、1,000円~5,000円程度のお品物をお渡しします。お品物の金額は、地域で異なりますので注意が必要です。

・関東地方
北関東・埼玉県北部・千葉県東側では即返しが多いです。地域によって2,000円~5,000円程度のお返しです。高額のお香典には、忌明けに香典返しをするケースもあります。
南関東では、葬儀告別式には会葬御礼品として1,000円程度のお品物をお渡しして、後返しが一般的ですが、会葬者の多い場合は通夜返礼品を2,000円~3,000円程度として、即返しでのお返しも多く見受けられます。

・北陸地方
即返しが多いです。2,000円~3,000円程度のお返しです。やはり高額の香典には、忌明けに香典返しをするケースもあります。

・甲信越地方
即返しが多いです。2,000円~3,000円程度のお返しです。

・東海・近畿地方
葬儀告別式には、会葬御礼品として1,000円程度のお品物をお渡しして、後返しとして半返し程度のお品物を送るのが一般的です。
一部地域では通夜返礼品を2,000円~3,000円程度として、即返しでのお返しも見受けられます。また、近畿地方においては、近年は、香典辞退という地域もふえてきています。

・中国・四国
当日には、粗供養(会葬礼品)として500円~1,000円程度のお品物をお渡しして、後返しでのお香典のお返しが一般的です。

・九州・沖縄
葬儀告別式には、会葬御礼品として1,000円程度のお品物をお渡しして、忌明けに半返し程度のお品物を送るのが一般的です。
地域によっては通夜返礼品を2,000円~3,000円程度として、即返しでのお返しも増えてきております。

香典返しをしない場合は

たとえば、一家の長、稼ぎ頭が亡くなった場合は、香典返しをしなくてもよいとされています。ただし、その場合でもお礼状を出す等感謝の気持ちを表すことは必要です。社会福祉団体等に寄付をするという方も最近では、多く見受けられます。その場合も寄付をした旨の言葉を添えてお礼状を出しましょう。

葬儀後のいろいろな手続き

◆埋葬料 葬祭費 受給手続き
健康保険の被保険者本人が亡くなった場合は、「埋葬料」、扶養者が亡くなった場合は「家族埋葬料」が埋葬を行なう人に対して支給されます。勤務先で手続きをしてくれない場合は、全国健康保険協会の都道府県支部に申請手続きを2年以内にする必要があります。

◆遺族年金について
故人様が厚生年金や共済年金に加入していた場合は遺族基礎年金 遺族厚生年金が受給できます。受給条件が様々なので、日本年金機構の年金事務所に相談するのがいいでしょう。

◆生命保険受給について
故人様が生命保険に加入していれば受け取る権利がありますので、保険証書や領収書を調べて手続きしましょう。複数の生命保険会社、郵便局の簡易保険、勤務先等で入っている団体生命保険、経営者や幹部が加入している経営者保険などがあります。
住宅ローンのある方は生命保険付きであるかを確認する必要があります。借入人が亡くなった場合は生命保険で残債が支払われるので金融機関に相談しましょう。
◆医療費の自己負担分
医療費の自己負担分が一定額を超えると「高額療養費の払い戻し」という制度が適用されます。医療費を支払った2~3ヶ月後に「高額療養費の払い戻しのお知らせ」というハガキが届きますので、健康保険なら各都道府県支部、国民健康保険なら役所の国民健康保険課に持参し手続きしましょう。

◆相続と名義変更
遺産相続や名義変更は複雑な面もあり、トラブルを生じかねません。故人様の遺産は預貯金等のプラスのものばかりとは限りません。借金やローンなどの債務も含まれます。法律の知識が必要な場合は、弁護士あるいは公共の法律相談機関に相談されるといいでしょう。

◆葬儀後に名義変更届出が必要なものの一部
新世帯主の届け/市町村役場
預貯金/各金融機関
電気・ガス・水道・NHK/各機関
クレジットカードの脱退届/各カード会社
扶養控除の移動申告/勤務先
雇用保険の資格喪失届/勤務先
不動産(土地・建物)/法務局
株式・債権/証券会社・信託銀行等
借地・借家/地主・家主
営業許可・事業免許の変更届/管轄の諸官庁